秋田のパート看護師blog

派遣で仕事も子育ても両方楽しむか、仕事をバリバリやって自分の為に生きるか・・・・。女性って人生の岐路が何度もありますよね・・・(>_<)

女性は、結婚や出産、親の介護や、旦那さんの転勤、様々な状況で、人生に変化があります。

男性に比べると、家庭事情によって仕事も左右されやすくなりますね(´・Д・)」

看護師の仕事には、働き方も色々あります。

常勤や、パート、バイト、派遣といった働き方を選ぶことで、プライベートの在り方も変わってきますよね。

看護師常勤で働くことは、看護師としてとてもやりがいがありますよね(*^_^*)

常勤で働くことは、責任のある仕事を任され、長年働くことで役職につくこともあるでしょう。

看護師として働く上で、そういった責任のある立場につくこともとても素晴らしいことですね。

しかし、そういった働き方をするには、家庭が犠牲になることもありますね。
中には、独身の主任や師長もいて、婚期を逃した...と聞くこともあります(・_・;


また、逆に家庭を優先した働き方を選択し、派遣やパートに転職した働き方もあります。

派遣は、子育てや親の介護など家庭での役割に専念し、そういった都合に合わせて、空いている時間に仕事をすることができます。

可愛い子供と過ごす時間はとても幸せな時間ですね(*^_^*)

プライベートを重視した働き方が出来ますが、看護師としての経験は浅いものになりますね。

看護師派遣バイトやパート期間は、経験年数としてカウントされません(´・Д・)」

派遣やパート職員であれば、責任のある仕事は任されることはありません。
それは、仕事においての負担が軽くなりますが、長い目でみた時に、プラスなこととは言い難いですよね。

一度、派遣やパートの仕事に転職してしまえば、なかなか総合病院でバリバリ働くことも難しくなりますね(;´Д`A

人生の様々な場面で、どういった選択をするかで、将来は大きく変わってきますね(´・Д・)」

2014年4月18日|

派遣で仕事も子育ても両方楽しむか、仕事をバリバリやって自分の為に生きるか・・・・。女性って人生の岐路が何度もありますよね・・・(>_<)

女性は、結婚や出産、親の介護や、旦那さんの転勤、様々な状況で、人生に変化があります。

男性に比べると、家庭事情によって仕事も左右されやすくなりますね(´・Д・)」

看護師の仕事には、働き方も色々あります。

常勤や、パート、バイト、派遣といった働き方を選ぶことで、プライベートの在り方も変わってきますよね。

看護師常勤で働くことは、看護師としてとてもやりがいがありますよね(*^_^*)

常勤で働くことは、責任のある仕事を任され、長年働くことで役職につくこともあるでしょう。

看護師として働く上で、そういった責任のある立場につくこともとても素晴らしいことですね。

しかし、そういった働き方をするには、家庭が犠牲になることもありますね。
中には、独身の主任や師長もいて、婚期を逃した...と聞くこともあります(・_・;


また、逆に家庭を優先した働き方を選択し、派遣やパートに転職した働き方もあります。

派遣は、子育てや親の介護など家庭での役割に専念し、そういった都合に合わせて、空いている時間に仕事をすることができます。

可愛い子供と過ごす時間はとても幸せな時間ですね(*^_^*)

プライベートを重視した働き方が出来ますが、看護師としての経験は浅いものになりますね。

派遣やパート期間は、経験年数としてカウントされません(´・Д・)」

派遣やパート職員であれば、責任のある仕事は任されることはありません。
それは、仕事においての負担が軽くなりますが、長い目でみた時に、プラスなこととは言い難いですよね。

一度、派遣やパートの仕事に転職してしまえば、なかなか総合病院でバリバリ働くことも難しくなりますね(;´Д`A

人生の様々な場面で、どういった選択をするかで、将来は大きく変わってきますね(´・Д・)」

2014年4月18日|

働かない主任!ナースコールが鳴っても絶対に出ないし、患者さんの所にも行かない!口ばっかりで腹が立つ!こんな上司はどうしたら良いの?

看護師にとっての上司というのは師長や主任です。
主任や師長になるような方というのは、皆からの人望が厚くて仕事もできて、
困った時には頼りになるような存在であってほしいものです。
というよりも、そのような方が上司という役職に付くべきだと思います。
しかし、なかなかそのように上手くは行かず、困った上司も沢山存在します。

看護師が働いている職場というのはとても忙しいものです。
看護師が不足している事もあり、特に急性期の病棟などでは、一日中バタバタしています。
そのような時に、手伝ってくれるどころか、何をしに現場に来たのか全く分からない上司がいると、かなりイライラします。
私達は猫の手も借りたい程に忙しくて、そんな状況だと言う事くらい、見て分かると思うんです。
しかし、何もしていないのに、ナースコールが鳴っても出てくれませんし、患者さんのところに顔を出す事もありません。
業務に入ってくれないので、患者さんの顔や名前、病状などはもちろんわかりませんし、把握出来ていません。

例えば、患者さんやご家族などとトラブルが起きた場合、私達で対応できない時には上司が対応するものです。
しかし、そのような状況を察すると、どこかに消えてしまいます。
そのくせに、私達の粗探しばかりして文句を言っています。
何の為に主任がいるのかが全くわかりません。

そんな時には、更に上の立場の上司に相談するのが一番です。
それでも効果がない場合には、更にその上の上司に相談してみる事です。
何も行動を起こさなければ、状況は変わりませんから、とにかく少しでも改善できるように、動いてみる事です。
働いている看護師皆の意見として上司に訴えれば、必ず何かしらの対応をしてくれるはずです。

2014年4月15日|

急に機嫌が悪くなるドクターがいます。機嫌が良い時は指示もお願いしやすいけど、機嫌が悪いと指示も出さない!こんなドクターってどうすれば良いの?

看護師の仕事をする上で、ドクターとの関係ってすごく大切ですよね。
私達は、すべてドクターの指示で仕事をしているので、ドクターと関わらずに仕事をする事はできません。
ドクターとの関係が良好だったら、何かとお願いする事ができるし、指示も分かりやすいので、仕事がスムーズに進みますよね。
でも、ドクターとの関係が悪い場合、それはもう大変ですよ〜!

ドクターにもいろいろなタイプがあって、看護師に理由もなくキツい事を言ったり、当たってくる方もいるんですよね。
私が働いている職場のドクターにも、そんな人がいますよ。
とにかく不機嫌な時にはあからさまに態度に出て、怒鳴ったり、時にはカルテを投げつけるんです。
看護師は、患者さんの様子をいつも観察しているので、状態によって、ドクターの指示を仰ぎたい時がありますよね。
でも、ドクターの機嫌が悪い時だったりすると、聞きにくいんですよね。
そんな時は、迷惑そうな顔をされて、ドクターって本当に嫌だと思ってしまいます。

ドクターって、変にプライドが高い人が多いと思いませんか?
こっちは分からないから聞いてるのに、プライドがあるせいか、説明するのが面倒で、不機嫌になるんですよね。
ドクターがそんな方だと、意思の疎通ができなくて、なにより患者さんの治療に影響してしまうんですよね。

こんなドクターと接していて学んだ事があるんです。
それは、ごクターが機嫌が悪い時は、そっとしておくという事です。
もちろん必要な事は聞きますけど、それ以外はちょっと様子を見るようにしていますね。
機嫌が悪い時に、こちらから言いたい事を言っても、理解してもらえるどころか、ますます機嫌が悪くなってしまいますから、
そっとしておくのが一番ですね。

2014年4月15日|

看護師に当たってストレス発散する患者が多い!暴言多いし、怒鳴られる事も多い!看護師を続けるのが嫌になってしまいました・・・。

看護師の仕事というのは、患者さんやそのご家族とコミュニケーションを取る事も必要ですから、サービス業とも言えます。
患者さんにとって過ごしやすい環境を与えて、一日も早く回復してもらう為に、サービスを提供しています。

私達看護師は、どんな患者さんであっても平等に接しなくてはいけないのですが、患者さんによっては、
なかなかコミュニケーションが取れずに、心を開いてくれない方がいます。
患者さんと深く関わって信頼関係を築く事は、治療にも繋がりますから、私達は、できるだけ患者さんに寄り添うように心がけています。
しかし、患者さんによっては、看護師に暴言を吐いたり怒鳴ったり、八つ当たりばかりする方がいます。
まるで、看護師に当たる事でストレスを発散させているようです。
看護師の患者さんに対する思いとは裏腹に、患者さんにそのような態度を取られると、何だか考えさせられてしまいます。

でも、患者さんというのは、痛みや苦痛があり、生活も制限され、将来の不安もあります。
それらのストレスが溜まり、一番身近にいる看護師に当たってしまう気持ちも分かります。
もしかしたら、看護師に当たる事ができなかったら、そのストレスをぶつける先がなく、他の病気を招いてしまうかもしれません。
ストレスが発散できているから、精神的に楽になれる、と考えるようにすると、私達の気分も楽になれます。
理由もなく暴言を吐かれたり怒鳴られたりするのは、決して気分が良い事ではありませんが、逆に、
看護師に気を遣い過ぎるような患者さんのほうが心配かもしれません。
患者さんは、病気を治療する事が、入院している目的です。
患者さんの事を一番に考えて、私達も捉え方を変える事が必要かもしれませんね。

2014年4月15日|


子供 REVIVAL JAPAN 子供 dvd AKB48PR-Link マイケル・ジャクソン